↑ Return to プロジェクト概要

研究課題

  1. 研究開発目標
    ユーザ要求によってデータ取得を能動的に行う広域センサネットワーク(デマンド・アドレッサブル・センサネットワーク)という新たな概念の有用性を示すために、下記2つの技術の創出と、それらを統合したプロトタイプ・システムの開発を行う。
    1. デマンド・アドレッサブル・ネットワーク構築技術:ユーザ要求に従って、所望のデータを保有するセンサやサービスを発見し、それから得た種類や形式の異なるデータをネットワーク内でマッシュアップし、ユーザに提供する一連の技術
    2. 環境適応型無線センサネットワーク構築技術:ユーザ要求に従って、センサネットワークを構成する各センサノードの役割を動的に変更し、所望のデータを能動的に取得する無線センサネットワークを実現する一連の技術
  2. 目標の達成方法
    上記を実現するために、具体的に下記項目を3年間で実施する。
    I. デマンド・アドレッサブル・ネットワーク構築技術
    II. 環境適応型無線センサネットワーク構築技術
    III. プロトタイプ・システム

本研究で実現を目指すシステムの全体構成
ppt03
ppt01_figure02

課題I. デマンド・アドレッサブル・ネットワーク構築技術

(a) デマンド・インタプリタ 抽象的なユーザ要求を瞬時に解釈し、具体的なサブ要求の組み合わせに展開する技術。 …

View page »

課題II. 環境適応型無線センサネットワーク構築技術

プロジェクトリーダーが既に保有するダイハードセンサネットワーク(DSN) [10] [11] と称する、近隣セ …

View page »

課題III. プロトタイプ・システム

課題I. デマンド・アドレッサブル・ネットワーク構築技術、課題II. 環境適応型無線センサネットワーク構築技術 …

View page »