RFIDプロジェクト

課題名

電波反射とビッグデータを用いたスマートホームにおける人の活動と健康状態のトラッキング

概要・研究目標

この研究の目的は、スマートホームでの人々の生活と健康状態を監視分析システムを開発することである。このシステムは、RFIDを人の体や衣服に直接付着させたり特別な機器を使うことなく、家中の家具や家電にRFIDタグを付着させ、無線信号を集めることで人間の歩く、食べる、眠るといった活動を認識することである。また、特徴を抽出するたえにビッグデータを用いることで、急患や火事などの緊急事態に迅速に対応できる。その他には長期にわたり人々の生活を監視することで、人間の健康状態を分析できるようになる。その結果、潜在的な病気の発見につながる。さらに、このシステムはスマートホーム内の他のデバイスとデータを共有することによって健全、便利、安全かつエネルギー効率の良い生活を提供する。

研究詳細
  • 人の場所の特定
    活動追跡の第一段階として、場所の識別は重要かつ最も基本的な情報の提供に役立つ。体反射はCOTS(既製品で販売や長期貸出が可能なソフト・ハード製品、または一般向けにライセンス提供されているものを採用)のIMPINF R420により検出されたRSSIに重要な影響を及ぼしている。それゆえに、人が特定の部屋にいるかどうか識別するのは比較的簡単である。したがって、人の場所の特定の正確さは90%以上になる。
  • デバイスを付けずに人の認識
    我々は特別な装置を装着することなく同じ環境に生きている人々を見分けることができる。例えば、家族の中の誰かの行動を個別に追跡することで、その人に対応したサービスを提供できる。ある限定された空間での位置推定の正確さは90%以上にもなる。