ポインタ

学部3年の秋山です。最近は、アセンブリ言語について勉強していました。

使用するハードウェアの構造にも依存するのですが。値を保存しておけるレジスタと呼ばれるものは、今回勉強しているものでは、8個しかなく、また使用できるものは6個しかありませんでした。自分は、C言語等でプログラムを書くとき、変数の数等をあまり気にしないで書いていたため、アセンブリ言語でプログラムを書くことに苦労しました。変数が7個以上必要になって初めて、メモリに値を保存しておけばよいのだと気がつきました。CPUからメモリに書きもむのもメモリからCPUに読み込むのもなかなか手間がかかります、またif分を書くだけでもかなりややこしいです。

またC言語でポインタという概念があるのですが、あまり理解ができないままでしたが、アセンブリ言語を書くとき、ポインタの概念がわからないと、ロード命令、ストア命令ができず、メモリとCPUでやり取りすることができません。アセンブリ言語について学んで、ポインタについて理解が深まりました。

今回のポインタのようになんとなくしか理解できていない概念等があるので、勉強していきたいと思います。

今回は以上になります。

カテゴリー: 未分類