情報処理学会第79回全国大会

ご報告が遅くなりましたが、3月16(木)~3月17日(土)に名古屋大学 東山キャンパスにおいて開催された情報処理学会第79回全国大会に宮崎研究室から渡邉(参加時M2/現既卒)、安達(M1/現M2)、池田(B4/現M1)、丸山(B3/現B4)の4人が参加しました。

参加者のうち、安達、丸山の2名が当日のセッションにおいて学生奨励賞を受賞しました。

 

学生奨励賞を獲得した研究室メンバー(写真左:安達 右:丸山)

 

個人的な感想としては、田舎者丸出しな発言ですが今回の名古屋大学みたいに大学に直通の駅があるのはすごく羨ましい限りでした。

池田

 

 

カテゴリー: 未分類

防災訓練 RIMシステムデモンストレーション

こんにちは。修士1年の穴澤です。
久々の更新となりましたが、これからもちょくちょく更新を行っていこうと思います。

さて、先日8月28日に会津若松運動公園で行われた防災訓練で、私たちの開発している
RIMシステム(災害情報管理システム)のデモンストレーションを行ってきました。
10年に1回?に行われるとても大きな防災訓練で、県知事の内堀知事、県内の消防署や自衛隊、一般の方々が多く参加しました。

私たちは今RIMシステムというものを開発していますが、それがどのようなものなのか少し紹介したいと思います。
これは、被災後、基地局などのインフラが壊滅し、ネットワークが断絶された状況下でも、スマホを使って効率よく情報共有が
できるというものです。
従来の災害管理システムとは異なり、NTT研究所さんが開発しているMDRU(移動式ICTカー)を基に、必要な情報を
ネットワークが無くても、いち早い情報共有及び、迅速なセットアップが可能となります。
システムの機能としては、医療情報管理機能(トリアージやヘルプ機能)、物資情報管理機能(需要・供給)、地理情報管理(壊れた道路、橋の倒壊など)が備わっており、これらの情報をいち早く共有することが出来ます。

これらの実装をこれまでに会津ラボさんと行ってきましたが、それを実際にスマホにインストールし、動いている場面をデモしてきました。
消防署の方からは、もう少しこういう機能にしたら便利だね、という意見をいただいたり、一般者の方からは実用化に向けて頑張るよう激励して頂きました。
これらのデモ及びたくさんの方々からいただいたご意見、コメントを踏まえ、RIMシステムを実用化に向け、さらに作りこみたいと思います。

 

カテゴリー: 未分類

植物観察記録 =4回目=

研究室植物担当 鍋島です

久々の観察日記更新となりました

では、ニュースをいくつか

カポックが2歳になる
2年前、100円ショップで購入したカポックが2歳をむかえました
一時は、葉が黄色に変色してしまい、病気になってしまったかと思いましたが、今では健康です
(調べたところ、原因は私の水のあげすぎでした)

DSC_0001DSC_0023
左:約1年前のカポック 右:現在のカポック

1年前と比べ、枝葉がだいぶ成長しています
比較対象のブースターさんが小さく見えます
100円ショップで買ったものでも、きちんと育てれば大きくなるのですね

ガジュマルが1歳になる
約1年前に購入したガジュマルが、1歳になりました
つい最近、大きい鉢へ植え替えをしようとしたのですが、成長しすぎて鉢から抜けませんでした
なくなく、古い鉢をハンマーで砕いて植え替えを完了しました
気に入っていた鉢だったので、残念極まります

gajyumaru1  DSC_0032
左:1年前のガジュマル 右:現在のガジュマル

葉の量がだいぶ増えました
こちらも、ブースターさんが小さく見えます
成長すれば、マングローブ林の樹ぐらいになるので、見ものです

現在の不夜城
現在の不夜城です
種類的にぐんぐん成長ってわけにはいかないです

fuyajou_11 DSC_0041
左:3か月前 右:現在

比較写真では分りづらいですが、ほんの少し成長しています
個々のペースがあるので、焦らずじっくり育てていきたいです

新しい仲間
最後に新しい植物の紹介です
名前は「ゴショクトウガラシ」
多色の実(トウガラシ)を付けます
トウガラシとのことですが、観賞用で、その実は有毒です
先生からいただきました(枯らしたら研究室破門の刑です)

DSC_0040
ゴショクトウガラシとオタマロさん

あるサイトの情報を信じて、3~4日の頻度で水を上げていたところ、枯れかけてしましました
調べなおしたら、かなり乾燥を嫌う植物だったようです
土、栄養剤を変更し、水を毎日やった結果、見事ここまで復活しました(枯れかけなので、セーフです)
今では、紫の小さな花をつけてくれました。
越冬が難しいらしいので、心配です

日光スペース的にもう植物は増やせそうもないです
研究室にベランダとかあったら、いろいろ捗るのですが・・・

では、
長くなりましたが、今回はこれにて

カテゴリー: 植物観察記録

電気関係学会東北支部連合大会

8月27日(火)28日(木)に開催された、電気関係学会東北支部連合大会(岩手)に出場してきました。

大会について
自分の研究に関連しそうな発表をいくつか聞けました
発表者人数的に望み薄かと持ってましたが、そんなことはありませんでした
発表で他大学に行くたびに思うのですが、
うちの大学と比べて、他大学は校舎が大きいですねぇ
数年前うちの大学が大会会場になった時は「ちっさww」とか思われてたのかな?

発表について
みなさん、よい発表ができていたと思います
特に、穴澤くんは学部三年生にもかかわらず、ほかの発表者に劣らない発表でした
わたしはといいますと、発表中にスライドの動画が固まってしまって、かなりテンパってしまいました・・・
練習不足も否めなかったので、もっと精進したいです

最後に、
生まれて初めて、盛岡冷麺を食べました(ぴょんぴょん舎、にて)
個人的には、あのスイカは必要ないと思いました(もともと、スイカ嫌いなので)
お土産も買って、ちょっとした旅行気分でした
坂本酒店の方、お土産選びを親切に手伝っていただき、ありがとうございました

では、今回はこれにて
鍋島

カテゴリー: お知らせ

情報処理学会第77回全国大会

3月17日(火)~19日(木)に開催された、情報処理学会全国大会に出場してきました。
開催地の京都は驚くほど暖かかったです(会津若松はまだ雪が残ってます・・・)

所感として、まず人が多い。
私は東北支部の大会にしか出たことがなかったので、全国から集まった研究者たちの数に圧倒されました。

ユニークな研究や興味深い研究など、たくさんの研究発表を聞くことができ、とても充実した時間でした

発表について、
前回の大会の反省をから、今回は台本を暗記して発表に臨みました。
いろんな意味で台本通りの発表ができました。
次の大会はもっと自然な発表を目標にしたいと思います。

奨励賞受賞者より拝借

奨励賞受賞者より拝借

最後に心残りとして、
鱧が食べられなかった
旬は夏なんて知らなかった、あんなに高いなんて知らなかった。
下調べって重要ですね

では、今回はこれにて
鍋島

カテゴリー: 未分類

ポインタ

学部3年の秋山です。最近は、アセンブリ言語について勉強していました。

使用するハードウェアの構造にも依存するのですが。値を保存しておけるレジスタと呼ばれるものは、今回勉強しているものでは、8個しかなく、また使用できるものは6個しかありませんでした。自分は、C言語等でプログラムを書くとき、変数の数等をあまり気にしないで書いていたため、アセンブリ言語でプログラムを書くことに苦労しました。変数が7個以上必要になって初めて、メモリに値を保存しておけばよいのだと気がつきました。CPUからメモリに書きもむのもメモリからCPUに読み込むのもなかなか手間がかかります、またif分を書くだけでもかなりややこしいです。

またC言語でポインタという概念があるのですが、あまり理解ができないままでしたが、アセンブリ言語を書くとき、ポインタの概念がわからないと、ロード命令、ストア命令ができず、メモリとCPUでやり取りすることができません。アセンブリ言語について学んで、ポインタについて理解が深まりました。

今回のポインタのようになんとなくしか理解できていない概念等があるので、勉強していきたいと思います。

今回は以上になります。

カテゴリー: 未分類

TLBミス・ページフォルト

学部4年の石川です。

カスタムコンピューティング班ではハードウェアで特定のアルゴリズムを高速化するという研究をしていますが、勿論何でもハードウェア化すれば良いという訳ではありません。
今回はその例を紹介します。

仮想記憶を用いたプロセッサの例外として、TLBミス・ページフォルトというものがあります。
プロセッサによってはTLBミスの処理をハードウェアで行うことがありますが、一方で、ページフォルトの処理をハードウェアのみで行うこは例外的です。

なぜこのような違いが生じるかというと、TLBミスに比べ、ページフォルトの処理は二次記憶装置へのアクセスを伴うために時間がかかり、また二次記憶にアクセスする時間に比べソフトウェアのオーバヘッドは小さいからです。すなわち、ページフォルトの処理をハードウェアだけで高速に行う必要はないということです。さらに、ソフトウェアを利用すれば、ページ配置の効果的なアルゴリズムを適用することもできます。

このように、ハードウェアとソフトウェアは適材適所です。

カテゴリー: 未分類

ツイッター

今週担当の学部4年の渡邉です。

自分は高校2年の時からツイッターをしています。
自分がはじめた時は知り合いが居なかったのを覚えていますが、
初めて5年目となった今ではタイムラインを見るのが日課となっています。

まったく関係ないですが、

自分が今している研究で頻出している移動軌跡を抽出するという部分があります。
移動軌跡の抽出には移動軌跡となりうる文字列がどれだけ頻出して出てくるか、で抽出しています。

これをツイッターのツイートで適応できれば、頻出したツイートを取得できそうです。

ジオタグ付のツイートなどに絞って取得できればその地域内ではどんなことが起こっているかわかりそうですね。

会津なら「さむい」などの単語が取得できそう。

誰かしら、実装してそうですが、
暇な時間があれば実装してみたいと思います。

そういえば研究室のツイッターを作るとか作らないとか、
ありましたけど、今はどうなっているんだろう...

以上

カテゴリー: 未分類

Contiki

修士1年の鍋島です

現在、ContikiというOSをいじっています
今回はContikiのプログラムをmote(micazとiris)へインストールする方法について紹介します
※というのも日本語でまとめたものがなかったからです。対応プラットフォームが多いせいかmoteの解説は少なめです。

用意するもの
Xbow MOTE micaz or iris
MIB520 & USB ケーブル
PC

環境
Ubuntu 14.04, Contiki 2.6 (最新は2.7なんですけどエラーがでて使えませんでした)
環境設定は省略します。本家(http://www.contiki-os.org/download.html)から落としてください。

下準備
プログラムをmoteにインストールする前にすべきことがあります
contiki/core/dev/leds.cの以下の行をコメントアウトすることです
==============================
/// contiki/core/dev/leds.c

00075 void
00076 leds_blink(void)
00077 {
00078 /* Blink all leds. */
00079 unsigned char inv;
00080 inv = ~(leds ^ invert);
00081 leds_invert(inv);
00082
00083 clock_delay(400); //ここの行をコメントアウト
00084
00085 leds_invert(inv);
00086 }

==============================
理由はいまいちわかりませんでしたが、コメントアウトしないとエラーが出ます。
これは、Contiki2.6の場合だけのようです

インストール手順
micazとirisではインストールコマンドが異なります
※”~~”にはプログラム名は入ります
(micazの場合)
コンパイル:make TARGET=micaz
インストール:make TARGET=micaz ~~.upload PORT=/dev/ttyUSB0

(irisの場合)
コンパイル:make TARGET=iris
インストール:make TARGET=iris ~~.u PORT=/dev/ttyUSB0

TinyOSと違ってコマンドライン上でIDを設定できないようです
IDはプログラム内で設定可能です(←ノードの数だけコンパイルしないといけないみたいです)

現在、moteでOTAPができないかと調査しております
Tmote-skyにはサンプルと解説が用意されているようなのですが、スペックの関係でmoteでは使えないかもしれません
もしこれを見てご存知の方がいましたら私のほうまでご一報ください。喜びます。

ではでは
今回はこれにて

カテゴリー: 未分類

DDoS攻撃

修士1年の末松です。

少し前のこと。とある自分管轄のサーバがアクセス不可になりました。
同サーバの別サービスの管理者が先に気づき曰く、httpdのCPU負荷がものすごいことになっているとのこと。
DoS臭いな? えーなんでうちがそんな対象に…??
と思ってapacheのログを見てみると、
/xmlrpc.php
へのPOSTリクエストが尋常じゃない量来てる。。。

ちょっとググってみると普通に出てきました↓
http://d.hatena.ne.jp/Kango/20140313/1394673178

うちはこの記事で言う踏み台サイトとされていた模様。
攻撃者の本命ターゲットではなかったものの、うちのスペックではそれすら耐え切れなかった模様。

記事に従いプラグインを入れて対処して他者様の迷惑にはならなくしたものの、再度サーバは落ちる。
攻撃者の踏み台サーバリストから消えてないからか;;? あかん。

さらにCPU負荷を減らすにはどうすればと考えて取った対処は以下。

  • apacheの設定でアクセス不可にする。
  • /xmlrpc.phpのパーミッション自体を閉じる。

とりあえずこれでサーバが落ちることはなくなりました。

この騒動からしばらく経ちますが、未だ/xmlrpc.phpへのPOSTリクエストはちょいちょい来ている模様。
以前の頻度に比べれば可愛いものですが気持ち悪い。。:;(∩´﹏`∩);:

カテゴリー: 未分類